一般歯科(無痛治療)

「痛む・しみる」などの違和感に気づいたら
できるだけ早く治療しましょう

虫歯はとても身近なお口の病気です。そのため「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると痛む」などの症状があっても安易に考えて放っておいてしまうかもしれません。しかし虫歯はどんどん進行するうえ、悪化させればさせるほど治療が困難になり、お口の健康が損なわれていきます。「虫歯かな?」と感じたらできるだけ早く治療を受けましょう。

大阪市営地下鉄谷町線・東梅田駅4番出口より直結の「コフレ梅田」3階の歯医者「医療法人幸恵会 カツベ歯科クリニック」では、できるだけ削らない・できるだけ歯を残す、そしてできるだけ痛みを抑えた治療をご提供しています。お気軽にご相談ください。

虫歯のメカニズムについて

まず、お口の中の虫歯の原因菌が糖分を分解してネバネバ成分をつくり、歯に付着します。そこでプラーク(歯垢)を形成し、さらに糖分を分解して「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていくのが虫歯です。放っておくと虫歯菌が歯をどんどん浸食し、歯を失うリスクが高まります。進行段階によってCO~C4の5段階に分けられる虫歯についてご説明します。

CO:ごく初期の虫歯・要観察歯

CO:ごく初期の虫歯・要観察歯

歯の表面のエナメル質の成分が溶かされた「脱灰(だっかい)」の状態で、透明感がなくなって白く濁って見えますが穴はまだ開いていません。適切なブラッシングで歯の「再石灰化」を促せば治癒が期待できます。再石灰化のためのブラッシング指導を行うほか、フッ素塗布やキシリトールを活用してケアします。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面を覆う硬いエナメル質が黒ずんで穴が開いた状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありませんが、虫歯を削り取る必要があります。削った部位はレジン(歯科用プラスチック)などで補います。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が進んだ状態です。内側の神経には達していないので激しい痛みはありませんが、「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。虫歯を削り取り、歯型を取ってインレー(詰め物)を作製し装着します。

C3:神経にまで達した虫歯

C3:神経にまで達した虫歯

歯の中にある神経にまで虫歯が進んだ状態です。炎症を起こしているので何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。この段階で行う治療は歯の中の神経などを除去する「根管治療(こんかんちりょう)」です。そしてその上にクラウン(被せ物)を装着して歯の機能を補います。

C4:残根状態の虫歯

C4:残根状態の虫歯

歯の神経が死んでしまった状態なので、いったん痛みは治まります。しかし歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。また虫歯菌が血管に入ると血栓を起こしやすくなり、心疾患などを引き起こすリスクがあるので早めの治療が大切です。この状態の場合はほとんど抜歯が選択され、ブリッジ治療や入れ歯治療、インプラント治療などによって歯の機能を補います。

痛みを抑えた治療について~無痛治療への取り組み~

痛みの感じ方は人それぞれで異なりますが、当院では「できるだけ痛みを抑えた治療」に取り組んでいます。多くの方から「ほとんど痛みを感じなかった」とのご感想をいただいておりますので、当院では無痛治療に取り組んでいます。

痛みを抑えた治療について~無痛治療への取り組み~

無痛治療への取り組み1:複数の麻酔を使い分けて治療の痛みを緩和

治療中に痛みを感じないように麻酔注射をしますが、この「注射」が苦手な方がいらっしゃいます。麻酔注射の前に歯ぐきに表面麻酔を塗布すると、表面の感覚をマヒさせるので、注射のときの「チクッ」とする痛みを軽減できます。

無痛治療への取り組み2:細い針による物理的な痛みの軽減

注射は細い針のほうが痛みを抑えられますので、当院では歯科医療で使用可能なもっとも細い注射針を採用しています。

無痛治療への取り組み3:麻酔液を一定の圧力で注入

電動麻酔器を使用して、麻酔液を一定の圧力で注入して痛みを軽減しています。

無痛治療への取り組み4:痛みの少ない麻酔の打ち方

麻酔注射や麻酔液注入時の痛みを感じにくくするために振動を与えることがあります。それが「振動麻酔」です。歯ぐきに振動を伝えて、末梢神経を刺激すると痛みの感覚が分散されて、痛みを感じにくくなります。

無痛治療動画紹介